Smart動態管理 システムイメージ

ユーザーが位置情報アプリを持って移動すると、管理者が管理システムで位置情報、速度を閲覧できる、その履歴を保存するという仕組みです。

一旦ONにすれば、その後の操作は不要です。

対応端末

  • AndroidOS4.0.3以降、Google Playがインストールされている必要があります。
  • iOS8.0以上のiPhone・iPad
  • GPSが受信できる環境(3G回線の契約がなくても、Wi-fiだけでも、GPSが受信できれば位置の特定が可能です。)
  • スマートウォッチ Android Wear OS (スマートウォッチを使用するためには、スマートフォンのOSがAndroid4.3以降である必要があります。)
管理者端末

  • 以下のブラウザ
    • Firefox
    • Chrome
    • Safari
    • Internet Explorer 11(地図が正しく動作しない場合があります。)
  • Windows XP以降、iOS、Linuxなど、上記ブラウザが動作するOS
Webサーバー

  • 弊社でご用意いたします

カスタマイズ項目

管理画面やアプリでお客様が設定できる項目は、下記の項目です。

名称
ステータス名 「空車」「乗車」「積み込み」などの名称 5つまで
アプリが位置を記録する間隔 ○メートル移動した場合
スマホの電源が入ったら位置を記録し始めるか ON/OFF
位置情報の誤差 500メートル~3000メートル
位置情報記録の自動ON・OFF 曜日・時間
地図のドライバーアイコンの下に名前を表示させるかどうか ON/OFF
ドライバーマップを公開するかどうか および どのドライバーを誰に公開するか ON/OFF

御社のニーズにSmart動態管理が合わない場合、カスタマイズをすることも可能です。カスタマイズ例などはカスタマイズのページをご覧ください。

Androidアプリでは、

OpenStreetMap (OSM)を利用

OpenStreetMap (OSM) とは?

OpenStreetMap(OSM)は、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるソフトウェアです。
誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に利用する事が出来ます。

配送先が地図上にない、建設中の現場のため、地図上に場所がない、田畑なので地図に表示されないなどの場合にも、御社で地図を編集することができます。
管理画面で編集した地図を利用されたい場合は、別途料金 10万円(税別)がかかります。

インターネット接続がないところでも地図を利用可能です。(Smart動態管理自体はインターネット接続がないと利用できません。)

機能一覧

機能一覧のページにてご確認ください。

Android版とiPhone版の違い

プラットフォームによる料金の違いは、料金のページをご覧ください。
機能のより詳細な違いは、機能一覧をご覧ください。

サポート

サポートは営業時間内に電話(045-306-9506)、メールで受け付けをいたします。
平日の10時~19時となります。

タクシー会社様へ

Smart動態管理より機能は少ないですが、ほぼ同様のシステムを、弊社が運営する「タクシー検索 たくる」にて提供しています。
完全に無料でご利用頂けます。 ぜひ、「タクシー検索 たくる」の方へお申込みください。