スマートフォンのGPS、Wi-Fiの現在位置情報把握機能を追尾し、ドライバーのいる場所を、地図上に表示します。

  • アイコンをクリックすると、そのドライバーの名前、ステータスを表示します。
  • ブラウザを更新しなくても、自動的に位置情報を更新します。
  • 地図上に表示される、ドライバーのアイコン画像はカスタマイズ可能。
  • アイコン画像はご自分で小さい画像を作る必要はありません。お好きな画像をアップロードしてください。
  • 「空車状態のドライバーのみ表示」というように、特定のステータスのドライバーのみを地図に表示することもできます。
  • 地図上と、住所表示の2種類で表示ができます。
  • 同じ場所に複数のドライバーがいる場合は、「AさんとBさんが同じ場所にいます」というアラートを表示し、アイコンが見えなくなると消えたように見える、といことを防ぎます。
  • 地図の縮尺を、全ドライバーが一画面に収まるように自動的に調整。拡大、縮小した後も、全ドライバーが収まるように、ボタンをワンクリックで縮尺を調整。
  • ネットワークがつながらない時も、位置情報データを取得します。
  • 会社の部課長、営業所の所長など、サブグループの管理者を作ることが可能です。
  • ドライバーが、今どの車両に乗っているか、リアルタイムで確認できます。
  • サブグループの管理者は、自分のサブグループの中のドライバーの位置情報のみ閲覧することができます。

ドライバーの配送状況を荷主・クライアントにも地図で表示できます。

運送・配送状況を、よりリアルタイムに知りたい、というニーズはどんどん高まっています。

御社でそのシステムを作らなくても、Smart動態管理を利用すれば、御社のドライバーの配送状況を簡単に御社のサイトなどで公開することができます。

たとえば、クライアントに配送状況を知らせるため、ドライバーAおよびBの情報だけ公開する、 ということが可能です。

  • どのドライバーを、誰に公開するかは選択することができます。
  • 御社のサイトに、配送状況を表示した地図を簡単に埋め込むことができます。
  • アカウントなしで、配送状況を一般公開することも可能です。バスの運行などにご利用いただけます。

移動の履歴を1年間保存

いつ、どこで、どんなステータス、速度、どの車両に乗車していたかを記録

 

  • 地図上に、ドライバーごとの移動履歴を表示します。ステータスにより、色分けをして表示します。
  • どの順番で移動したか、アイコンが動いて表示します。同じ道を行ったり帰ったりしている場合も視覚的に行動履歴の認識が可能です。
  • 何年何月何日の何時~何年何月何日の何時まで、または現在時刻から10件、100件、1000件というように絞り込みが可能です。
  • マウスオーバーで、時刻とステータスを表示します。
  • 住所とステータス、速度の文字情報と、地図上の2種類で表示ができます。
  • ドライバー自身に記録を編集させて、日報とすることができます。(このオプションは可変です。)
  • 記録をCSV形式でダウンロード可能です。緯度、経度もをダウンロードできます。
  • いつ、どの車両に乗車していたかを記録として保存

リアルタイムな配送計画と実際の配送の進捗管理

 

  • 設定した配送計画は、地図で配送計画ごとに表示できます。配送計画の効率も見直すことができます。
  • 一日に設定できる配送計画は600件まで登録できます。
  • 配送計画通りにドライバーが走行しているかを、視覚的にチェックできます。
  • 遅れがある場合は、届け先や荷主に前もって連絡できます。

管理画面の機能説明動画

ドライバーの移動記録の説明動画です。

管理画面の機能説明

ドライバーの移動記録の説明動画です。

Dynamic Analytics View

Dynamic Analytics View(ダイナミック・アナリティクス・ビュー)

複数ドライバーの軌跡を地図上に表示します。移動の重複を発見しガソリン代・人件費の無駄を省きます。

  • 地図上に、複数ドライバーの軌跡を表示します。
  • どのドライバーを表示させるかを選択できます。
  • いつからいつまでの時間帯を表示させるか、選択ができます。
  • どの地域、どのドライバーが近い地域を担当しているのか、などがわかり、配送計画の見直しが可能です。

シンプルで、操作しやすいアプリ画面

ユーザーは、作業の開始時と終了時にボタンを押すだけ。後は、アプリが自動的に位置を追尾します。

  • 運転中も押しやすいように、大きくシンプルなボタンです。
  • 現在の住所、速度、測定の誤差を表示します。
  • 「空車」「積込済」「到着」「休憩」という文言は管理画面から変更可能です。
  • 位置情報の更新の頻度は管理画面から変更可能です。
  • 地図をタップで、現在位置を地図で表示します。
  • 位置記録中は通知領域にアイコンを表示し、記録のストップの押し忘れを防ぎます。
  • スマホの電源が入ったら位置を記録し始めるように設定を変更できるので、ボタンの押し忘れによる記録漏れを防ぎます。
  • 位置情報の誤差は管理画面から設定できます。
  • スマートフォンの対応OSはシステムをご覧ください。
女性従業員の声

全自動でドライバーのプライバシーにも配慮

  • 曜日・時間を設定して自動でON・OFFが可能
  • 「会社を出てからの行動が監視されたらイヤ」そんなドライバーや
    女性従業員の声 にも配慮
  • 面倒な操作は一切不要で位置情報を記録できる