マップ公開機能とは

マップ公開機能とは、管理者でもドライバーでもない第三者にドライバーの今いる場所を公開する機能のことです。
この機能を使えば、配送先や依頼主にドライバーのリアルタイムな位置情報が共有できます。
位置情報を表示するドライバーは、選択可能です。
右の画像のように、ドライバーがどこで何をしているかを確認できます。
※何してるかに関しては、画面の下にある4つのステータス参照

また、右のマップを貴社のホームページに埋め込むことも可能です。
※この機能はオプションで「公開する」、とした場合のみ使える機能です。設定しなければドライバーさんの位置が第三者に知られることはありません。御社の管理者がドライバーさんの位置を把握したい場合は、位置情報把握のページをご覧ください。

このような運送業様にオススメ

  • お客様に車両の位置を共有したい。
  • 配達員が今どこにいるかお客様に知ってほしい。
  • 配達員・車両がどこにいるかのお問い合わせを減らしたい。

具体的な例

広告トラックのお客様
依頼主にトラックがどこを走ってるか見せたい。
ファンのためにトラックの場所を公開したい。

車の宣伝のお客様
宣伝用に町を走る際、どこを走ってるかのマップを
自社のウェブサイトに埋め込みたい。

バス会社のお客様
バスがどこを走ってるかお客さんに共有したい。
バスがあとどのくらいで着くかの目安にしてほしい。
社員用の送迎バスで、バスの居場所を社員が見れるようにしたい。

詳細

  • 混雑状況が表示されているマップで、ドライバーのリアルタイムの位置を共有できます。
    • 共有は、指定のURLを通して行います。
  • 位置情報を共有するドライバーを選択できます。
  • マップのサイズは調整可能です。

2種類の公開マップ

① マップ公開
URLを公開し、どのお客様も同じマップとドライバーを見る設定。
どのお客様にも同じ車両・ドライバーを見てほしいときに使います。

② マップ限定公開
各お客様のIDとパスワードを発行し、ログインできる人のみ見れる設定。
お客様ごとに位置情報を公開する車両・ドライバーを変えれます。
お客様によって位置情報を公開する車両・ドライバーを変更したいときに使います。